ピンクやむらさき、ちゃいろ、あお。多くの色がまざりあったこの2つの作品は、ロコペリに来てくれているある女の子が描いた作品です。

 パステルという、チョークによく似た画材を使って作品を作っていきます。
 好きな色を選び、それを紙に塗り広げて、そして好きな形の型紙を使って消しゴムで消していくという、とても簡単なアートです。

 ピンク色の作品は、支援者と共に初めて取り組んだ時の作品です。選んだ色を指で塗り広げる工程も、楽しみながら取り組んでくれていました。
 そしてもう一枚は、ほとんどの作業を一人で行い、仕上げた作品です。一枚目よりも様々な色が混ざり合い、彼女の個性が良く出ている作品になっています。
 彼女は言葉による自己表現がむずかしい子です。しかし、この作品に取り組んでいるときは自分で積極的に色を選び、使う型紙の形を「まる!」「ハート!」などと言いながら選んでいました。
 作品が完成した後は、とても気分よく、ロコペリでの時間を過ごしてくれているようです。

 その日、時々によって雰囲気がちがう、味のある作品がロコペリでどんどん生まれていっています。


シェアする