本日放課後等デイサービスで、自分の体のことをしる「こどもからだきょうしつ」が開催されました!
 今回のテーマは「なぜ、かぜになるのかな?」

 子ども達は、自分が風邪をひいたとき、なぜせきや鼻水が出るのか、そもそも何が原因で風になるのかを熱心に聞いていました。風邪や感染症の原因を知ることで、予防することの意味を知ってもらう機会になりました!

 風邪の原因は 空気中に散らばっているばい菌です。ばい菌が体の中に入った時に、「免疫くん」がばい菌と戦い、ばい菌を外に出そうとする働きがせきやのどの痛み、鼻水となって体に表れてきます。
 また、熱がでることも体が戦っている証拠です。体がばい菌と戦い、早く元気になるように、熱が出たときは温かい食べ物や飲み物で体をしっかりとあたためながら休みましょう!また、スマホやゲームをしていると脳が動いてしまい、免疫くんの働きが弱くなってしまうので、やめましょう!
 また、風邪になるばい菌を体の中に入れないように、手洗いうがい、マスクを徹底しましょう!手洗いの方法もしっかり確認しました。

風邪や感染症の原因を知ることで、予防することの意味を知ってもらう機会になりました!




シェアする