【放デイ】避難訓練を実施しました

 本日、調理実習室からの火災を想定した避難訓練を実施しました。

 導入として、火災や地震、津波のおそろしさや、避難の方法などを動画で確認しました。
 動画で学んだあと、職員と一緒に復習していきます。
 「こんな場面ではどうするのだったかな?」
 「けむりはドクなので、吸わないようにするにはどうすればよかったかな?」など職員の質問に、動画の内容を思い出しながら答えていきました。

 復習を進めていると、
 「火事だ!!」
 という声が響きました。子どもたちは、職員の指示に従って非常階段より避難を開始します。煙を吸わないように身をかがめて、口元を手やハンカチで押さえながら進んでいきます。
 下まで降りると、玄関先にある靴を履き、いったん集合します。

 職員も、窓を閉める役割、避難誘導する役割、など、自分の役割や手順を確認しながら避難をしていきます。
 玄関先で人数確認をした後、避難場所の隣りのグラウンドまでまとまって移動します。



 こどもたちは、真剣に訓練に取り組んでくれました。
 
 火災は、起こさないように予防することが大前提です。しかし、万が一火災が起きたり、地震が起きたりした際に、子ども達の命をしっかりと守ることができるように、職員も訓練を重ねていきます。