【放デイ】防災訓練


 9月1日は防災の日。そこでロコペリでも、突然の災害に備えて避難訓練を実施しました。

 今回は、子ども達への予告なく地震が発生します。
 お昼ご飯を食べ終わり、みんなでDVDを見ていた午後2時。
 ガタガタガタガタっ!!突然、入り口のドアが大きな音を立てて揺れ始めます!
 それに合わせて警報が部屋の中に鳴り響きます。
 「地震だ!!机の下に隠れて!!」という職員の声に、子ども達は緊張した面持ちのまま、素早く机の下に隠れました。

 しばらくして、「揺れがおさまったよ、一回集まって」との声掛けで、机の下から出てきた子供たちは、職員の指示に従って、非常階段より外に避難しました。

 今回の避難訓練では、子ども達はみなおしゃべりもせず、急に走り出すこともなく、素早く非難ができていました。
 訓練後の話では、「おさない、かけない、しゃべらない、もどらない」という避難をするうえで大切な決まり事を確認しました。子どもたちはみな、真剣な表情で聞いていました。

 自然災害はいつ発生するかわかりません。日ごろからしっかりと訓練を行って、もしもの特への備えをしておくことが大事だと感じる訓練でした。