【放デイ】うどんを作りました♪


 今日は、しっとりと雨が降る土曜日……ですが!!
 ロコペリの中では、楽し気な音楽と共に、子ども達がうどんを作っていました!!

 うどんは、材料をこねて、こねて、こねて、と大変そうなイメージがります。しかし、今回子ども達がチャレンジしたのは、「振り回す」ことで生地が出来上がるうどんです。

 子ども達は、袋の中にうどんの材料を入れスタンバイ。そこにポップな音楽が流れてきました!音楽に合わせて、みんなで袋をぶんぶん振り回します。全身をいっぱい使って、ぶんぶんぶんぶんと振りまわす子どもたちは、袋の擦れる音を楽器にノリノリでした♪

 そうして出来上がった生地を、次は薄くのばしていきます。できるだけ薄く、麺棒を上下左右に動かしながら広げた生地は、三つ折りにして、切る工程に入っていきます。
 包丁を使える子は自分一人で、あまり包丁を使ったことがない子は先生と一緒に、伸ばした生地を切っていきます。子どもたちは、できるだけ細い麺を作ろうと、手元をよく見ながらチャレンジしていました。

 切った麺はその場で茹で、だし汁と煮て、今日のお昼ご飯になりました。食べてみるとちょっとコシが強すぎたようですが、自分たちの手で作ったうどんを、「太くなった」とか「短すぎた!」などと話をしながら和気あいあいと食べていました。


頑張ってつくったよ!!